エントリー

Category [小説/漫画]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お気に入りに追加

ページトップ

-------- --:--:--  Comment( - )  Trackback( - )  [ Quote ]

Category [小説/漫画]

伝説の勇者の伝説と大伝説の勇者の伝説

ネタバレなしで感想だけです。
アニメで見て面白そうに思えたのでライトノベル
伝説の勇者の伝説 古本をセットで売ってるのを見つけて買ってきて面白かったので一気に読みましたよ!

大伝説の勇者の伝説も古本屋にあった分は購入。結構はまった。

最初の方は読んでいて頭の中でイメージできなくてイマイチな作品って印象だったけど
お約束シーンをはさんだストーリーとかは良くできていて飽きずに読めた。
巻数を重ねていくとこっちの想像力が鍛えられたのか文章が変わったのかイメージできるように。
ただ、一気に読んじゃうと回想多すぎ・回想長すぎ。で読み飛ばすことが多い。
他の部分がすっかすかなので文字が詰まった回想部分は目立って読み飛ばしやすかったけど。
(月刊誌の連載にはそのくらいで丁度いいのかもしれない。)

続きが楽しみな作品。
スポンサーサイト
お気に入りに追加

ページトップ

2013-06-05 21:07:30  Comment( 0 )  Trackback( 0 )  [ Quote ]

Category [小説/漫画]

スレイヤーズ久々の新刊

スレイヤーズすまっしゅ。(3)ねちゃねちゃの季節
久々の新刊。待ち過ぎて今更って気分だけど、出るからには買う。楽しみ半分惰性半分。
発売日は2010年 10月 20日。

神坂一の作品自体嫌いじゃないので待ってる間にアビスゲートとかほかの作品読めば良いのかもしれないけど、
完結してない作品の続巻を待つのは田中芳樹で十二分に懲りてるので避けたい。

薬師寺涼子はまだましだけど創竜伝の最新刊(と言っても発売は2003年)なんかは作者のモチベーションの低さが所々に見られてがっかりさせられた。
田中芳樹の話になると心の底から楽しみな分続巻がでないフラストレーションも凄い。
脱線はこのくらいにして。

スレイヤーズの新刊10月発売ですでに予約受付してる。 お気に入りに追加

ページトップ

2010-08-31 23:27:20  Comment( 0 )  Trackback( 0 )  [ Quote ]

Category [小説/漫画]

カルバニア物語

おすすめ漫画

カルバニア物語(Wikipedia)
貴族の娘で男勝りな主人公エキュータンタロットと幼馴染の王女タニア・カルバニア、二人を中心にした王宮の人々のドタバタ劇。
時々冒険劇にもなる。

少女漫画でジャンルはBLだそうなんだけど、BLというにはちょっと違和感があるよーな。
絵柄も独特な絵ではあるけどどぎつい少女漫画のようではないので男性もとっつきやすいと思う。

現在もCharaで連載中。 お気に入りに追加

ページトップ

2010-04-19 14:20:10  Comment( 0 )  Trackback( 0 )  [ Quote ]

Category [小説/漫画]

プラネテス 幸村 誠

プラネテス ΠΛΑΝΗΤΕΣ 幸村 誠

プラネテス 全4巻
モーニングで連載していたプラネテス。
久々に読んで不思議なことにまだ面白い。
宇宙がステージの癖に中心にくるのは人間ドラマでこの年齢になっては陳腐に聞こえてしまう「愛」がテーマなんだと思う。
愛と一言でまとめてしまったけど、いろんな愛のかたちを見せてくれるとってもいい漫画でした。 お気に入りに追加

ページトップ

2008-12-25 21:02:33  Comment( 0 )  Trackback( 0 )  [ Quote ]

Category [小説/漫画]

薬師寺涼子の怪奇事件簿[田中芳樹]

父親は元警視庁幹部、東大・法卒、27歳の超美人&ナイスバディ警視・薬師寺涼子。唯一の欠点は「ドラキュラもよけて通る」性格の悪さ。通称「ドラよけお涼」とは彼女のことだ!そして彼女の行く所世にも奇怪な事件が連続する。『創竜伝』の田中芳樹、渾身の痛快ミステリー?

番外:女王陛下のえんま帳
巻頭対談 田中芳樹VS.垣野内成美
カナダ取材記―黒蜘蛛島、ここにあり!!(かも…)
特別書下ろし短編―薬師寺涼子の怪奇事件簿 呪われたダイヤ(田中芳樹)
エッセイ 戦う美女たちの肖像と踏まれてみたい男たち または幻の『完全攻略本』について(西沢保彦)
警視庁非科学犯罪捜査室長極秘ファイル
特別書下ろしコミック―薬師寺涼子の怪奇事件簿・特別編 ブルジョアジーの秘かな楽しみ(垣野内成美)

発売日順

1.魔天楼
父親は元警視庁幹部、東大・法卒、27歳の超美人&ナイスバディ警視・薬師寺涼子。
唯一の欠点は「ドラキュラもよけて通る」性格の悪さ。通称「ドラよけお涼」とは彼女のことだ!
そして、世にも奇怪な事件が、東京・湾岸副都心の巨大な複合ビルで連続する…。

2.巴里・妖都変カッパ・ノベルス税込820円 / 巴里・妖都変講談社文庫 税込599円
破壊大好き、高飛車、強引、etc。
世界一危険な公務員・薬師寺涼子警視が、善良なる部下・泉田準一郎警部補を引き連れてパリ出張。
空港で不審極まる殺人を目撃した涼子は、国境も平和外交もスッ飛ばし、越権捜査に猛進する。
「これは戦争よ!」見えざる敵の襲撃を受けたお涼サマの宣言が、花の都を揺るがせる。

3.東京ナイトメア
幸せ一杯の結婚式場に突然死体が降ってきた。
空には巨大な翼と人間の顔をもつ異形の影が。
奇怪な事件に大喜びで着手したのは、超美人にして性悪、乱暴、史上最強の公僕・薬師寺涼子警視である。
国家機密も周囲の迷惑も一切無視、疑惑の渦中へズカズカ土足で踏み込んでいく。

4.黒蜘蛛島(ブラックスパイダー・アイランド)カッパ・ノベルス税込820円 / 黒蜘蛛島講談社文庫 税込619円
豊かな自然に包まれたカナダの大都会バンクーバー。
出張捜査でかの地を踏んだ薬師寺涼子警視は、高圧的な外交官僚を挨拶代わりにおシオキする。
続いてハリウッドの超大物プロデューサーから女優としてスカウトされたお涼サマ。
ウジャウジャ出てくる悪役相手に、演技ではないスーパー・アクションで戦闘開始。

5.夜光曲
東京が生物化学兵器テロに!?警視庁の誇る大量破壊兵器、お涼(りょう) 颯爽登場!
新宿御苑の新緑が一夜にして枯れ木と化した。化学兵器によるテロか!?
不気味な事件が起こった夜、ホタル狩りに訪れた薬師寺涼子警視と部下の泉田準一郎は、人食いボタルに遭遇。
多くの見物客でにぎわう日本庭園は惨状を呈した。今度は生物兵器による攻撃か。
都知事は「ホタル撲滅」を宣言するが、緊急会見の最中、ネズミの大群が襲撃。
前代未聞の怪事が続発する中、暗躍する秘密結社ゼンドーレン。
その正体は・・・。遂に警視庁に雷名をとどろかせる魔女王・涼子が立ち上がった!


6.クレオパトラの葬送
横浜から香港へ向かう豪華客船クレオパトラ八世号に乗り込んだ薬師寺涼子警視。
一見優雅な要人警護の任務だが、対象者が複数の組織に命を狙われるいわくつきの人物では、災厄の女王・お涼が無事に航海を終えるはずがない。
絶世の美貌と無謀を振りかざし、「ドラよけお涼」(ドラキュラもよけて通る)が紺碧の海を破壊と殺戮の紅に染める。


7.水妖日にご用心
南アジア某国の王子様が来日した。ハンサムでスポーツマン、資産はじつに三兆ドル。
日本中の女性が大さわぎする中、マンガしか読まない外務大臣の頼みで、巨大テーマパークの貸し切り権を王子に譲った薬師寺涼子警視。
そこで惨劇は起こった。人気キャラクター半魚姫に扮した美女に王子様がおそわれたのだ。
テロリストの動機は王位をめぐる暗闘か、膨大な地下資源にからむ争いか、それとも復讐か?
雷鳴とどろき、豪雨が東京を水没させる中、警視庁の破壊美神・涼子が忠臣・泉田準一郎を従えて暗殺者を追う。
長編新伝奇小説、書下ろし。 お気に入りに追加

ページトップ

2008-01-06 21:26:14  Comment( 0 )  Trackback( 0 )  [ Quote ]

トップへもどる 前のページ

メニュー

カレンダー

<<    2017-09   >>
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

新着記事

コメント

トラックバック

お気に入り

カテゴリー

アーカイブ

検索

プロフィール

フリースペース


↓ブックマークに追加↓

[参加Ranking]
JApanBlogR FC2 Blog Ranking ランキングジャパン 人気blogランキング

[-ショッピング-]
楽天で探す
楽天市場


ブログパーツ アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。