エントリー

--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お気に入りに追加

ページトップ

--:--:--   スポンサー広告  Comment( - )  Trackback( - )  [ Quote ]

2007-03-01(Thu)

Aprilia(アプリリア):RS50インプレッション

年式にやモデルによっては5速リターンだったり、パッセンジャー用の装備が付いてたり。
新しいモデルは規制にあわせてパワーダウンしてるのだとか。

RS50の乗り心地などのレビューです。
他にも色々RS50の情報を書いているので気になる人は
左側にあるカテゴリーから 車/バイク を選んで見てください。


うちのRS50は中古で乗り出し約20万、走行距離1万km以下
ポリーニ/Polliniのチャンバー以外変更点なし。

デザイン美しくカッコイイ。
カウルは50ccクラスにしてはかなり凝ってると思います。
50ccで他のレーサーレプリカやスーパースポーツに分類されるバイクより
冬は寒くなく夏もエンジンからの熱も軽減されそうです。
具体的に言うと正面からカウル内側に入ってくる空気の大部分はは車体の下方とサイドカウルの大きく開いた部分へと流れて行くようで太ももから脛辺りまでは服のバタつきを殆ど感じません。

スピード出しての走行でもかなり安定していて安心して走れます。

ノーマル性能では間違いなく50cc最速とたまーに言われるアプリリアRS50。単にリミッターがないからかな?
最高速は試せないのではっきりとは分りませんが平坦で長い直線なら3桁km/hは出るんじゃないでしょうか。

50ccとは思えない車体サイズ、足付具合は165cm程度の身長、足の長さ普通で両足べったりとはいきませんが問題ないです。
車体重量がHONDA NSR50より20kg以上重く同じフルサイズ50ccレプリカのNS-1よりもちょっと重い程度。

加速性能はエンジンが温まらないうちはかなりじゃじゃ馬で、
暖機しないとまともに走ってくれません。。
温まってきても低回転域の体感自転車並の加速で中回転域はスッカスカです。
しかし、6500rpm辺りからじわじわと加速感が増していき7500rpm辺りで豹変します。
まるで別のマシンに乗っているかのような鋭い加速でタコメーターもあっという間にレッドゾーンまで吹け上がり正直危ないくらいです。
パワーバンドに入っちゃえば同排気量のバイクや一般車に劣る所はありません。

そして外見とは裏腹の出足、低?中回転域の話。
4000rpm程度で繋げても後続車の視線が怖い。
更に後続車が追い越そうと丁度並びかける辺りでパワーバンドに入って
そこから一気に加速し始めたら視界の右端に後ろにいたはずの車の鼻先が・・・なんてこともしばしば。
加速し始めているバイクを抜くに抜けなくて対向車と3者揃ってドッカーンなんて事にもなりかねませんしね。

うちのRS50だけかもしれませんが、4000回転程度で発進すると普通の原付一種50ccスクーターにはまず勝てないです。こちらがパワーバンドに入る頃には20m以上先に居ます。
運転手も予想外の出来事に振り返りますよ。ほんとにトロトロ。
そんでもって荷物積んでる重そうな大型トラックとすらいい勝負と言ったところ。

そんなRS50だけど査定価格が結構高い。
ネットで簡単バイクオンライン査定!出張買取査定も無料です! お気に入りに追加

スペック
エンジン形式 2ストローク単気筒
総排気量 49.75 cm3
ボア×ストローク 40.3×39.0 mm
圧縮比 12.0:1
最高出力 NA
最大トルク NA(8ps以上?)
始動方式 セルフスターター方式 キックペダル無し
燃料供給方式 Dell'Orto PHBN 12
排気システム 触媒付
トランスミッション 6段リターン (年式によっては5速リターン)
クラッチ形式 湿式多板
ギア・レシオ  
1速
3.000
2速
2.063
3速
1.526
4速
1.227
5速
1.042
6速
0.960
減速比
(1次/2次 又は 最大/最小) 3.550/4.273
潤滑方式 オイルミキサーポンプ セパレートトランスミッションオイル
冷却方式 水冷
フレーム形式 アルミニウムフレーム
フロントサスペンション φ35 mm テレスコピックフォーク
フロントホイール 2.50×17
フロントタイヤ 90/80 17 46P
リアサスペンション アジャスタブルモノショックアブゾーバー
リアホイール 3.00×17
リアタイヤ 110/80 17 57P
ブレーキシステム  

φ280 mm シングルディスク2ポットキャリパー

φ220 mm シングルディスク2ポットキャリパー
全長 1,920 mm
全幅 675 mm
全高 1,155 mm
走行時車両重量 115kg
最大積載量 ライダー+荷物 105Kg
タンデム時 ライダー+パッセンジャー+荷物 180Kg
ホイールベース 1,280 mm
燃料タンク容量 13 Lit
スポンサーサイト

ページトップ

18:07:43   車/バイク  Comment( 4 )  Trackback( 0 )  [ Quote ]

次の記事:嫌過ぎ!ヤフーオークション トップへもどる 前の記事:ヘッドライト/ウィンカー/テールランプ/電装系の故障、トラブル

コメント

マフラーにも年式があるんですか!?

ヒロちゃん ( URL ) #X62m0wmM   2012-07-24 17:14:49 [ Edit ]

Re: タイトルなし

年式というかモデル(マイナーチェンジ)によって違いが出るので
ご自分で交換・修理などなさるつもりなら
部品も違うかもと疑ってかかるのが良いでしょうね。

tenma ( URL ) #-   2012-07-25 13:38:40 [ Edit ]

急にすみません・・・

こんにちは、今年の9月にRS50 SBKレプリカを買って、フルパワー化しようと、リストリクター(吸気)を外してMJ95から120に上げて走っていたのですが・・・速くなった気がしなく、V6(リストリクター除去)を入れたのですが・・・下がスカスカで、たまに低回転で吹けてくれません・・・
こんなモノなのでしょうか? 

宜しければ、教えてもらえると幸いです。

my2009 ( URL ) #-   2012-12-16 16:58:48 [ Edit ]

うちのRS50はほぼノーマルなので交換された部品についてはすみませんが答えようがありません。

基本的に低回転域ではパワーがないのでそんなものです。
常にパワーのある回転域(うちのでは7000~)を維持して走らせるのがこの手のバイクの乗り方です。
発進時の加速が悪いというお話なら5~7000回転くらいでクラッチをつなぐようにするだけでかなり加速が違います。

tenma ( URL ) #y5EUCYjY   2012-12-16 17:50:25 [ Edit ]

コメントはこちらから

管理者しか読めないようにします    

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL
http://tenmamnet.blog63.fc2.com/tb.php/157-2263e2ad

メニュー

カレンダー

<<    2017-03   >>
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

新着記事

コメント

トラックバック

お気に入り

カテゴリー

アーカイブ

検索

プロフィール

フリースペース


↓ブックマークに追加↓

[参加Ranking]
JApanBlogR FC2 Blog Ranking ランキングジャパン 人気blogランキング

[-ショッピング-]
楽天で探す
楽天市場


ブログパーツ アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。