エントリー

--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お気に入りに追加

ページトップ

--:--:--   スポンサー広告  Comment( - )  Trackback( - )  [ Quote ]

2007-12-29(Sat)

被害者と刑罰と陪審員

飲酒した上で人を轢き殺してしまった交通事故、山口県光市の母子惨殺事件、
最近テレビのニュースやワイドショーで扱われる事件は被害にあわれた方の遺族・家族のTV露出が多いのが印象的で
被害者側の悲しみや加害者への憎しみなどの感情がテレビからリアルに伝わってきてニュースとして興味深い。

見ていると同情心が沸くのと徐々に被害者に同調してしまって判決を聞くと刑が軽いんじゃないかって感じる。
その犯罪行為に対する刑罰の加減を知らない事以上に関心が高くなっていたからだけど途中から裁判が復讐の場になっていた気がする。

こういった被害者の負の感情+コメンテーター達の意見をTVで昼夜を問わず放送している中で
公正な裁判を行い判決を下す裁判官は本当に凄い。(少なからず情報は入るはずだし)
それと同時に2009年(平成21年)5月までに開始される予定の陪審員制度で陪審員に選ばれた場合
有罪・無罪の判断と同時に刑罰の量刑(加減)も左右する事になるはずでそれで公正な裁判をするとなると陪審員って想像以上に大変なのでは。
陪審員が関与するのは特に重大な犯罪の裁判ですし。
スポンサーサイト
お気に入りに追加

ページトップ

20:00:23   Others  Comment( 0 )  Trackback( 0 )  [ Quote ]

次の記事:ロボットコンテストが熱い。 トップへもどる 前の記事:ビートたけしの

コメント

コメントはこちらから

管理者しか読めないようにします    

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL
http://tenmamnet.blog63.fc2.com/tb.php/363-d4e918bd

メニュー

カレンダー

<<    2017-10   >>
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

新着記事

コメント

トラックバック

お気に入り

カテゴリー

アーカイブ

検索

プロフィール

フリースペース


↓ブックマークに追加↓

[参加Ranking]
JApanBlogR FC2 Blog Ranking ランキングジャパン 人気blogランキング

[-ショッピング-]
楽天で探す
楽天市場


ブログパーツ アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。