エントリー

--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お気に入りに追加

ページトップ

--:--:--   スポンサー広告  Comment( - )  Trackback( - )  [ Quote ]

2008-01-27(Sun)

イギリス 外交

嘘か真実か解らないが実際ありそうなお話。

何かの本で読んだイギリス駐在の若手外交官の話。
日英間でちょっとした懸案事項が持ちあがったので、政府間で話し合う前にその外交官がイギリス側の担当者と事前調整をする事になった。
ところが会って話してみると、相手は一方的にぺらぺら話をするだけで 埒があかない。日本語がわかりにくいというが、キングスイングリッシュも、意図的にわかりにくくする事のできる言葉なのだ。その上、表情や態度から 明らかにこちらをバカにした空気が読める。
その外交官は、しゃべり続けるイギリス人を制して「あなたの言いたいことはまるで分からないが、イギリス政府がこの問題を誠意を持って解決 しようとは思わないと言う事は理解した。そのように本国に報告する」と言って、 静止する別のイギリス人担当官を振り切って大使館に帰ってしまった。

日本では報道されなかったがイギリス議会では大騒ぎになったらしい。 その若手外交官は交渉のテクニックとして相手の人種ハラスメントを逆手にとって、話を有利に進めるつもりだったが、向こうの次官級が 大使館を訪れ、謝罪した上、担当者を変えたからもういちど席についてくれと お願いされたらしい。
「変えられた担当者は?」との日本側の問いにその次官級のイギリス人が言ったのが
「あなた方日本人はご自分をネコだと思っているようですが実際はトラです」
「かるく引っかいたつもりかもしれませんが、虎の一撃を食らった人間が どうなるか考えてください」
スポンサーサイト
お気に入りに追加

ページトップ

12:57:01   Useless research  Comment( 0 )  Trackback( 0 )  [ Quote ]

次の記事:検索フレーズ トップへもどる 前の記事:中国人は几帳面?

コメント

コメントはこちらから

管理者しか読めないようにします    

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL
http://tenmamnet.blog63.fc2.com/tb.php/403-5fd0040e

メニュー

カレンダー

<<    2017-10   >>
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

新着記事

コメント

トラックバック

お気に入り

カテゴリー

アーカイブ

検索

プロフィール

フリースペース


↓ブックマークに追加↓

[参加Ranking]
JApanBlogR FC2 Blog Ranking ランキングジャパン 人気blogランキング

[-ショッピング-]
楽天で探す
楽天市場


ブログパーツ アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。