エントリー

--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お気に入りに追加

ページトップ

--:--:--   スポンサー広告  Comment( - )  Trackback( - )  [ Quote ]

2008-10-24(Fri)

デジカメ選びのコツ

メーカーや機種によって長所短所があるけれど、実際店頭で見てる試しに撮影してもそんな細かいことまでわからないのが普通だと思います。
なので最近デジカメ情報調べてて覚えたデジカメの性能をカタログやインターネットだけでそこそこ判断する為のポイントをいくつかあげてみます。

基本性能
・発売日が新しい>発売日が古い
・価格が高い>価格が安い
・画像素子が大きい>画像素子が小さい
・画素数が多い≒画素数が小さい
・CCDセンサー≒CMOSセンサー
・新機能搭載<新機能なし

具体的に言うと似たような価格で発売日が1年以上違えばほぼ確実に新しい物が優れています。
逆に発売日が新しくても安いカメラは発売時期が同じ他のものと比べて衝撃に弱かったり、AF(オートフォーカス)でピントを合わせるのに時間がかかったりシャッターを切ってからカメラが実際に撮影するまでの時間が長かったり、操作性が劣っていたりします。
画像素子が大きいカメラの方が同じ画素数でもより綺麗に写真が撮れます。画像素子の大きさが同じでも発売日が新しければそちらの方が高品質です。
その証拠に画像素子のサイズが大きいカメラの方が画素数が同じでも値段は高く設定されているはずです。
テレビCMなどの広告では「画素数が多い=高性能」といった印象を受けますが、必ずしもそうではありません。有効画素数が多くても画像素子が小さかったり古かったりすればワンランク下のカメラと同程度の解像度が限界なんてこともあります。
値段や発売時期、画像素子、やっぱり違いがわからないって思ったら高感度(ISOの数値が大きい)で撮影してみるとノイズが出たりとその差がよくわかると思います。
カメラの目新しいおまけ機能は使い難いか使えない機能、未成熟な印象を受けることが多いです。GPS情報受信機能とか、動画撮影可能とか登場初期に惹かれたら次の機種の登場を待つのが正解。

以上を踏まえて自分が納得できる金額を支払えば間違いのない買い物ができるはずです。
勿論安いカメラ=劣ってるわけじゃないですが。
スポンサーサイト
お気に入りに追加

ページトップ

20:54:06   Photo/Camera  Comment( 0 )  Trackback( 0 )  [ Quote ]

次の記事:昨日の恐怖体験 トップへもどる 前の記事:駄文

コメント

コメントはこちらから

管理者しか読めないようにします    

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL
http://tenmamnet.blog63.fc2.com/tb.php/647-c7d1e7cc

メニュー

カレンダー

<<    2017-08   >>
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

新着記事

コメント

トラックバック

お気に入り

カテゴリー

アーカイブ

検索

プロフィール

フリースペース


↓ブックマークに追加↓

[参加Ranking]
JApanBlogR FC2 Blog Ranking ランキングジャパン 人気blogランキング

[-ショッピング-]
楽天で探す
楽天市場


ブログパーツ アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。