エントリー

--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お気に入りに追加

ページトップ

--:--:--   スポンサー広告  Comment( - )  Trackback( - )  [ Quote ]

2012-04-19(Thu)

手首の受難 マイクロソフト Natural Ergonomic Desktop 7000 WTA-00014の難点

5年以上に前に AirPad Proの究極セット IIIを使い出して以降、
他のマウスパッドと違って氷上かと思うくらいツルツル動くので手首の負担が減ってストレスフリーなマウスかちかちの日々が続いてたんだけど

年末に使い古したDellの無線キーボードとマウスのセットを払い下げるべくマイクロソフトのNatural Ergonomic Desktop 7000 WTA-00014に更新したら
マウスの高さが元使ってたものより数センチ高く、かつ斜めに持つデザインな為
今まで手首全体で支えてた重量が手首小指側のの出っ張ってる骨部分に集中しちゃって皮膚が硬くなりそうなくらい痛い・・・。

と言う新たな問題が発生。

えごのみっくとか人間工学とか謳ってるのに案外ダメ。
筆みたいに腕全体で動かすのならこれで正解なんだろうけど、普段使いにも仕事用としてもこのマウスはちょっと難がある。
キーボードの方は音量調節がクルクル回して調節できたDELLのと比べて調節にかなり時間かかること以外に不満はない。使わないボタンが増えたので使いこなせば便利なんだろう。
ああ、受信機の位置か感度が悪くてUSB延長ケーブルが必要になった事も記録しておかないと。

で、結局100円ショップで手首クッション付きのマウスパッドが売ってたんで
クッション部分だけちょん切って置いたらとりあえず解決。
スポンサーサイト
お気に入りに追加

ページトップ

22:18:45   Hardware  Comment( 0 )  Trackback( 0 )  [ Quote ]

次の記事:オリンピック閉会式 トップへもどる 前の記事:パソコン再利用のすすめ

コメント

コメントはこちらから

管理者しか読めないようにします    

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL
http://tenmamnet.blog63.fc2.com/tb.php/873-295b4de0

メニュー

カレンダー

<<    2017-10   >>
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

新着記事

コメント

トラックバック

お気に入り

カテゴリー

アーカイブ

検索

プロフィール

フリースペース


↓ブックマークに追加↓

[参加Ranking]
JApanBlogR FC2 Blog Ranking ランキングジャパン 人気blogランキング

[-ショッピング-]
楽天で探す
楽天市場


ブログパーツ アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。